FC2ブログ

    ネタバレなしアニメ感想:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

    物凄くライトノベル臭のするタイトルですが、オリジナルアニメだったのですね。ノベライズも同時進行していたみたいだけど。

    とある人のこのアニメの登場人物達に混ざりたいという話を聞き、そう言えばタイトルは知っており、昔アニメイトでポスターを見た事あるなと思ったので、見てみました。

    結果…混ざりたいんだなと思いました。

    という、中途半端なパロディはさておき、第一話から問題が発生。

    先生!!ヒロインが…ヒロインがっ!!それはもう限界を超える狂おしいほどにウ…(ピー)。

    どうした事でしょう。でもこのキャラの感じは覚えがあります。そう、私が最も好きなアニメシリーズに登場する魔術の方のインなんとかさんです。でも、私は今までインなんとかさんをそんなふうに思った事などないのです。

    しかし、我慢がならなくなって一旦見るのを止め、世間はこのキャラをどう思ってるんだと検索してネタバレにあう始末。

    嫌なら見なければいいのです。しかし、何でこんなに不快なのかと探求心が沸いて見続けました。

    見続けて行くと不快感は薄れて行くのですが、薄れた分だけキャラがぶれたようにも感じ、なんだかなぁと思ったのです。

    この物語はヒロインを中心に話が展開されます。このヒロインを魅力的だと思えるかどうかで大きく道が分かれます。私、オワタです。

    でも、やっぱり頭ではわかるんですよ。登場人物全員がヒロインに執着して囚われ続ける理由も、思い出が美化されて絶対的に敵わない存在となってしまう事も。

    だから、女子トークの部分なんかは共感出来るし、好きでした。恋心の描写の仕方とかも。

    でも、私にはどうしてもヒロインより残りの2人の方が可愛く見えるんですけど…。

    劇場版まで全部見終わってから改めてキャラ設定を見て、その文章だけを読むとヒロインは確かにみんなが憧れるだろう可愛い子なんですよ。しかし、実際のキャラとその設定が私の中で一致してくれない事が問題なんだろうと結論付けました。

    ついでにインなんとかさんは終始わがまま三昧を貫いており、そのわがままこそが彼女の存在意義でもあるので、私はなんとも思わないんだろうと思います。可愛いしね。

    しかし、昔同人作家仲間がよく言ってました。「例えマイナスの感情でもいいから何か思って欲しい。何も感じないよりはずっといい」と。その観点からいうと、賛否両論あるこの作品も、やはり大成功なんだと思います。
    スポンサーサイト




    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村


    管理者にだけ表示を許可する