FC2ブログ

    ネタバレなしアニメ感想:僕だけがいない街

    YouTubeで見たおすすめアニメにあって、何となく気になったので見てみました。

    グロとホラーが苦手だけど、ミステリーは好きなのですよ。

    これは単なるミステリーではなくて、事件を解決する事に特化した特殊能力が絡んで来るわけですが、決して自由自在になるわけではなく、思い通りにいかずに歯がゆくなるところが面白いなと思いました。

    後、ロクでもない親が描かれる事の多い昨今、この主人公の母親がとても素敵です。

    子供の事をちゃんと理解していて、信じられて、ある程度子供の自主性を尊重しつつも、先回りして手を差し伸べられて、守る事も出来る。

    だけど、主人公はマザコンではないところも、ポイント高いんですよ。

    そんな主人公が、母親の大切さに気付いて、感謝の気持ちを表すから感動なんです。

    他では、友達に「お前は誰だ」と聞かれた主人公の回答が好きでした。その場の設定を最大限に活かした回答だと思います。

    しかしこの主人公、最初から漫画家だったんですね。単に漫画家志望なのかと思ってました。もっと、漫画家あるあるあってもよかったような…。

    例えば実際の出来事でも、プロット風に頭の中で展開するとか。で、それを紙に書いちゃって、仲間が見ちゃうとか、ね。母親が見るのでも良いし。

    それでなくても犯行動機とか、もっと追及するよね。絵ももっと描くでしょう。

    犯行動機と言えば、見終わってからWiki見たら割愛されてたエピソードがあったようで。ヒロインとの展開も違うようです。原作読んでないし、ディスるわけでもないけど、違和感を感じてしまってた部分ではありました。

    もしかしたら原作では、もっと絵を描いてたりとかもするかも知れませんね。

    後、主人公の文集の言い回しが子供っぽくないなぁ…とか、それは物理学上許されるのか(特殊能力以外の部分で)…とか、禿げるような細かい事を気にしてた以外は、面白かったです。

    ちなみに実写化もされてたんですね。Wikiに上がってる相違点見て、そっと閉じました。
    スポンサーサイト




    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村


    管理者にだけ表示を許可する