FC2ブログ

    ネタバレなしアニメ感想:君の名は。

    アニメを見てなくても主題歌や挿入歌をカラオケで歌うので、『前前前世』もそのひとつだったのですが、この歌詞から勝手に輪廻転生ものだと思っていた私。

    開始早々「思てたんと違う」となりました。ファンタジーではあるのですが。

    骨組み自体は使い古されたものだと言わざるを得ないと思うけど、ベースを組み合わせて日本の伝統や風習を絡める事により、昇華させているのですね。

    だからこそ、現実にはない話なんだけど、ありそうな気もすると言うか、感情移入がしやすいところがあって、多くの人々の心を掴んだのかなと思います。

    やはりラストのタイトルへ繋がるくだりも、わかっていてもいい意味でゾワッとしました。

    そして、役者さん達が素晴らしい。

    今はもう劇場版は定番化してるけど、正直、私は本職じゃない方達が声優をやるのはあまり好きじゃなかったりする。これはディスリとかではなく、声優は正に声以外の他の表現手段を封じられるから、戦闘力が下がりがちなのは仕方ないと思うのです。

    しかし、戦闘力が下がらない方達も存在するわけで、特に神木隆之介さんは凄いと思いました。元々好きな役者さんではあったけど、益々好きになったのは収穫です。

    DVDには監督の過去作品の紹介が入っていてちょっと気になったんですが、過去作品は気持ち悪いようですね。当作品は、東宝に不快に思う箇所をチェックして貰ったから、気持ち悪くないんだとかいうエピソードがありました。

    色んな意味で、凄い話です。常人と感覚が違うからこそ、生み出せるものがあるんでしょうね。
    スポンサーサイト




    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村


    管理者にだけ表示を許可する