FC2ブログ

    声優レッスンの講師たちの温度差に関して

    昨日、声優レッスンのその後として、基礎中の基礎で四苦八苦するさまをお届けしたわけですが、「あれ?もう一人の先生、オーディション探して来いって言ってなかった?どうなってるんだってばよ」と、思う方もいるだろうなぁと思います。

    実際、私自身も戸惑いましたしね。

    というわけで、その辺を少し考察してみようかと思いました。

    まず、今現在の私の状態としては、基礎は出来てません。しかし、原稿を読めば、何となく出来てる風に聞こえなくもないようです。雰囲気で全部持っていく感じ。

    声優に限らず、世の中のエンターテインメントで仕事をされているプロの方々を見ても、必ずしも全員が全員きちんと基礎が出来ていて、上手いわけではないですよね。例え棒読みでも主役になれる事さえある。

    恐らく、二人目の先生はそこを注視されていたんだと思います。

    確かにそれも間違ってないんですよね。目的が『プロになる』事であれば。

    ただ、私の場合、プロ以前にクリエイター魂があるわけです。人々の心に何かしらの影響を与えたい。作品を世に残したい。

    その為には、プロとしての基礎すら出来てない私じゃダメなんです。私自身が許せない。

    だからこそ、オーディションではなく声優養成所を選んだという事もあります。

    そして、YouTubeなら言ってみれば、今すぐにでも何かしらアップするのは可能です。でもそれをしないのも、自分がまず納得出来る仕上がりにならない事がわかっているからです。

    完璧を目指すといつになっても始められないので、7月には間違いなく開始しますけどね。それまでに少なくても、現在の私を超えなくてはなりません。頑張りますよ!!

    そういうわけで、恐らく今後二人目の先生にレッスンをお願いする事はないと思います。

    他の習い事もそうだと思いますが、みなさんももし講師を選べる状況であれば、その先生の方針や考え方が自分に合っているかどうかもチェックすべきでしょう。

    色んな考え方がありますからね。
    スポンサーサイト




    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村


    管理者にだけ表示を許可する