FC2ブログ

    私、声優養成所へ入ります。【とりあえず報告編】

    結論から入って行くスタイル。

    何かもう、タイトルと上の一行だけでいい気もするけど、そんな事もない気がするので語ります。もしかしたら他の誰かの参考になったりするかも知れないしね。

    前回、ナレーションのオーディションを自力で見付けて対策を指導して貰うのか、それとも声優養成所へ入る事を考えるのか…という話でした。

    そして私は見付けるわけだ。声優養成所の体験会を。

    何でまたそんな都合よく、シフト制で休み不定期の私の休みに合わせたかのように、体験会があるのかと。しかもまだ応募出来るのかと。

    そもそも声優養成所って、年齢制限があったりするところが多いんですが、それすらない。

    最早、脊髄反射で申し込み、導かれるままに行って来ました。

    行って驚いたのは、周りの若さ。まあ、当然です。そしてスタッフの方から「専門学校の方…ですか?」と聞かれ、何だそりゃと思った。

    後で知ったのだが、参加者の半分は養成所ではない声優スクールの生徒さんだったらしい。

    これからもわかる通り、やはり声優事務所が運営する養成所ではない所に通っている場合、それが例え全日制でも、また養成所に入り直す必要がある。プロの声優を目指す限り、このロジックは現状どうにも覆せないようだ。

    体験会は、実際の生徒さん達が授業を受けている所を後ろから見学します。

    そして、その途中で事前に書いたアンケートを元に、運営の方からのヒアリングがある。

    私は、今別所で声優のレッスンを受け始めたところで、最終的には養成所に入らないといけないと言われた事、そして、現実するかどうかもわからない某地上波アニメに出る事が最終目標であり、その為にまず声を利用してYouTuberになりたいのだという事をそのまま話した。

    意外にも、凄く共感して頂けた。

    まず、目的が明確なのが良いという事。TVが衰退している今、むしろネット進出は推奨しており、自力で頑張らなきゃいけない部分は多いものの、支援は出来るし、利用出来るネットワークもあるとの事。運営の方が「我々がTVが衰退してる事をこんなに悩んでるのに、何でYouTuberはTV目指すんだろうね」と苦笑いしてたのはご愛敬。

    勿論、声を使う以上は通常の声優になる為の授業を受ける。YouTubeに物凄くこだわっているわけでもないので、チャンスがあるなら掴みに行きますよ。

    それに、某地上波アニメが来た時に、少なくてもオーディションを受けに行けるような私でいなきゃ意味ないしね。

    その後はもう、スケジューリングと費用の話になり、契約書書いて来ちゃいました。

    と、いうわけで、もう少し前進する、この夏からの私を要チェックだぞ!!
    スポンサーサイト




    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村


    管理者にだけ表示を許可する