FC2ブログ

    NGT48 山口真帆さん千秋楽公演2日前

    追記するか迷いに迷い、一旦は危険だからこれ以上突っ込むのは止めておこうと思い、でもまだ書ける事はあるし、やはり今書かなくていつ書くんだと言う事で、続行します。

    NGT48の山口真帆さんが千秋楽公演の出演者欄に名を連ねた事で、各メディアが一斉に報じました。どうやら4月21日に彼女が舞台に立つ事は間違いないような雰囲気です。

    そんな中、某プロデューサーではありませんが、憂慮している事があったりします。

    何故にこんなにも、NGT運営であるAKSは、とんちんかんな事ばかりしているのかという点です。

    その最たるものをご紹介しましょう。

    【WEZZY】NGT48事件でAKS社長が「事件のことをグチグチ気にするなら…」と信じられない発言
    https://wezz-y.com/archives/65071

    これも結局は真偽不明の情報に分類されてしまうのだが、仮にも公のメディアが報じているものである。A子は実在するのかとか、そもそも緊急学級会なるもの自体開催されたのかとかはさておき、注目すべきは表題にもなっているAKS社長の発言です。

    実はこれより以前にも、【「思春期の思い込み」NGT48 AKS女社長吉成夏子が荒れさせた保護者会】という記事が週刊文春4月4日号に掲載されている。

    最早何を言っているのか理解しがたいが、この見出しだけでもわかる事はある。

    AKSは(少なくても社長は)今回のこの山口真帆さんの事件を、物凄く軽く考えているという事だ。

    4月4日号の記事内容がわからないので何とも言えない部分はあれど、どちらも事件を軽く考えていなければ出て来ない発言である。しかも、そんな事件を軽く捉えているかのような報道が万が一間違っている事ならば、それこそ名誉棄損にもなりかねず、何らかのアクションがあって然るべきだが、現状一切ない。

    これが何を意味するのか。

    しかし、相次ぐスポンサー撤退、各冠番組終了、果てはレコード会社も離れ…。

    これが果たして軽く考えていい問題なんでしょうか?軽く考えた故の結果という考えには至らないのでしょうか?

    更に、信頼回復への対応策が、ファンとつながりがあったとされる12人ものメンバーが全員不問で、チーム制を廃止して再出発というのであれば、これこそが正に事件自体を軽く考えているという事の裏付けではないのでしょうか。

    この問題は、人権団体の弁護士の方が国会の厚生労働委員会で話題にするまでに至っています。

    決して個人的な問題などではなく、立派な社会問題なのです。

    これほどまでに異常な組織の中に居て、彼女は戦い続けて来たという事実。

    それらを踏まえ、この状況で2日後に山口真帆さんが卒業を発表してしまう事が万が一あった場合の事の重大さを、もっと世の方々に知って頂きたいと思います。
    スポンサーサイト




    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村


    管理者にだけ表示を許可する