FC2ブログ

    ボイストレーニング体験:2ケ所目

    1ケ所目のボイストレーニングの先生が「大まかなレッスンの流れはおそらくどこも変わらないと思う」と確かに言っていたのだが、蓋を開けてみると実際はかなり違った。

    予約の段階からして、1ケ所目は思い立って数日後の予約がWeb上とメールの確認、後日1度だけ電話確認で完結したのに対し、2ケ所目はWebで申し込んだ直後に男のオペレーターからまず電話がかかって来た。しかも真夜中。更に予約出来る最短の日が約3週間後だという。だからだいぶ日が開いてしまったのだ。

    その代わり、1ケ所目で当日書いたアンケートに関しては、2ケ所目ではほぼ同様のものが事前のメールで行われていたりした。

    場所は都市部。そのせいか受付がラウンジっぽくなっており、実際のレッスンが電子ピアノが設置された防音ブースなのは同様ではあるが、その数も数多くあるようだった。

    私を迎えてくれたのは、バンドマンというよりは、繊細なミュージシャンっぽい容姿のお方。

    何でもメールに書いてあった講師の概要を見るに、NYで音楽の勉強をした世界をまたにかける現役ミュージシャンなんですって。

    …ちょっと、嫌な予感。私、大丈夫???と、思ってしまった。

    そして、防音ブースに入るなり、挨拶も早々に先生が言い放つ。

    「さて。じゃあ、歌いましょうか」

    面食らう私。

    だって、まずはストレッチからの腹式呼吸じゃないの?当然のようにセオリー通り行われるのだと思っていたが、「え。いきなり歌うんですか?」との問いかけにも「はい。僕はいつもいきなり歌って頂きます」と、満面の笑顔。

    そして、嫌な予感が当たる。問題発生。NY仕込みの先生は私が歌うような歌をご存知でない。そして先生から提案される歌は私が存じ上げない。

    問答が続き、結局はやはり某国民的女性アイドルグループの、今度はインディーズデビュー曲に落ち着く。

    実はそれすらも先生はご存知なかったのだが、スマホで検索し、「これなら簡単だからちょっと時間下さい」と、耳コピ即興でピアノを弾いて下さったのだ。

    プロのミュージシャンって凄いと感心しつつ歌う。でもやっぱり所々、変。

    途中で歌唱指導もして下さるのだが、最早原曲の面影がない。それでも上手いと感じるから凄いけど。

    この2ケ所目の売りは音楽を楽しむ事にあり、受講者の要望を最大限に取り入れてレッスン内容をカスタマイズするところにある。

    だから「何をやりたい?」というのを、やたら尋ねられる。

    試しに「YouTubeに歌ってみた動画を上げたい」と言ってみたところ、「全然いけますよ。知らない曲でも事前に言って一週間下されば、伴奏します。1ケ月に3本ぐらいはいけるかな」と、軽いノリが返って来た。

    悪ノリで「ボカロも?千本桜とか有名ですけど」と言ったら「アリです。こんな感じですっけ?」と、またスマホで検索してピアノを弾いて下さった。「すごーい!!」と、キャッキャする。

    …で。結局私がどうしたか。

    1ケ所目に入会を決めました。やはり自分の目で見て、判断するのが大事だというお話。

    まあ、NY仕込みの先生の伴奏で歌う動画も、ちょっと捨てがたかったんだけどね…。
    スポンサーサイト




    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村


    管理者にだけ表示を許可する