FC2ブログ

    声優を目指します?!その3:人生常に崖っぷち

    【その2からの続き】
    RAB(リアルアキバボーイズ)とは、主にアニメソングでブレイクダンスをしているアーティスト集団です。今現在はもう素人ではなく、メンバー全員がブレイクダンスでは技術的に世界クラスであり、TV等のメディアにも出演し、プロとして芸能活動をしています。

    だが、私がそれを知るのは、もうちょっと後の話。

    正直、『オタクがLOSER踊ったら衝撃の結末に!?』を見た時は、普通にMVを見る感覚でほぼ何も考えていなかった。ストーリー展開が面白いなぁ…ぐらいで、出演していた人達の中の誰がRABメンバーなのかも全く認識出来ていなかった。

    しかし、関連の踊って見た動画を見た時の衝撃。

    尋常でなく跳ぶ、正に空を舞う、不自然な体勢で止まる、回り続ける…。まるで地球上に重力がないかのような動き。一体貴方たちの身体はどうなっているのかと、ただひたすら驚愕した。

    ブレイクダンスって、こんなに凄いダンスだったっけ?!

    殆どが全く見た事のないアニメのアニソン。そのアニソンすら聞いた事もない。それなのに、世界観が伝わって来る。恐ろしいまでの構成力、表現力。それはダンスだけでなく、一部の動画にあるおまけと呼ばれる口パクの寸劇にも表れていた。

    こんなにも心を動かされ、目の前の世界が広がって行く感覚はそうそうあるものではない。
    ただひたすら踊り、口パクで演じ、地声を聞くこともない彼らに、不思議なぐらい惹かれた。

    そして決定打の『【ドラゴン&ムラトミ】ツインエンジェルのラブリー☆えんじぇる!!を踊ってみた【Sammyコラボ】』のおまけで、ムラトミさんが「リアルアキバボーイズムラトミ35才子役、将来の夢はお医者さんっ!」と名乗った瞬間、嗚呼私まだ大丈夫だと、根拠のない自信を持つぐらい夢と希望と勇気と元気を貰ったのだ。(注:ディスってません。私はムラトミさんの保護者(ファンの事)です)

    そこからは加速の一途。YouTubeの過去動画を漁り、ニコニコ動画の会員になり、マロンさんのWeb漫画を読破し、単行本も買い、各種配信のアーカイブをひとつひとつ見て行き…。

    そうするうちに受かった面接。正直、給料は引くぐらい安いけど、でも商材が癒し系の販売。正にその時の私の希望に合致した職種。

    これで心の平穏を保ちつつ、そのうちRABのライブとか行けたらいいな。6月に大きいライブがあるらしいけど、新入社員の販売職で日曜休みなんて言い出せないな。でもそのうち…。とか、思ってたんだよ…。

    ところがっ!!!!!

    初日に受けた洗礼。研修もなく、マニュアルもなく、開店前数分で早口の商品レクチャーを受け、初日からいきなりの現場。研修中の札もなくぶっつけで売り場に立ち、見よう見まねでやってみるも、正に売り場で遠慮のない嵐のようなダメ出しと説教。

    採用者から『こんなに使えない人材だったなんて』という目線を受け、もう全く意味がわからなかった。

    こんな事って、ある?!!!!

    ただ、心穏やかに日々を過ごしたい。ただそれだけの願いすら叶わない!!!!!

    でもその反面、思ったのだ。これが逆にフラグではないのかと。そんな馬鹿な事あるわけない。でも、これが私の進むべき道ではないと、誰ともわからない天の声に言われているのだとしたら…。

    まあ、壊れた…と、思われても、仕方ないのだけれど。【最終話へ続く】
    スポンサーサイト




    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村


    管理者にだけ表示を許可する