FC2ブログ

    2012年07月 の記事一覧

    先生は週休3日

    何故だか今日から8月だと思っていた私。
    生徒さん達の学習日誌をひたすら8月1日で記入していたら途中でツッ込まれた。

    「今日はまだ7月だよ…」

    あれえ???ついうっかり近未来を生きていました。疲れ過ぎ。

    それでもパソコンのインストラクターを本格始動させてから一カ月。色んな事にちょっとずつ慣れて来たように感じます。最初の頃は何を聞かれるのかビクついてましたけど、生徒さん達が様々な事をされてても、コース毎のカリキュラムは同じなので、数をこなしているうちにパターンも見えて来て、データも蓄積出来ます。

    上級者さんの質問は一緒に考えて解決する事も多いのですが、初心者さんの質問は楽しいです。

    「この『デラート』を押せばいいの?」
    「『デリート』です」

    「漢字が変換出来ない時ってどうするんだっけ?」
    「出来ます。『じょうきょう』と打って下さい。『じようきよう』になってます」

    「この『ヒミヒミ』って書いてるの、何?」
    「ヒミ?…htmlですね。(以下詳細説明)」

    こんな事もありました。

    漢字一文字ずつ変換している生徒さんに「大変じゃないですか?せめて単語毎とか」と声をかけると「でもね、間違えると変換出来ないから」…原因は上記の2つ目の生徒さんと同じです。それが頻繁にあってうんざりされたようです。でもその数日後、割とまともになっていました。「出来るようになったんですね」と再度声をかけると「言われた通り、間違えても訂正してこうした方が楽だって気づいた」なんて。

    生徒さんは高齢の方が多いです。元々高齢の方に好かれる傾向にある私はここでも割と人気だったり。教室は日月が休みなのですが、最近よく「土曜いないの?困る!」と言われるようになりました。土曜は別の人が入っているので、「別の先生いますよ」と言うのですが、実は土曜の方も新人なので、苦戦されているようです。

    「土曜の先生がこうおっしゃったんだけど、出来ないの」

    生徒さんに言われて該当箇所を見ると、オフィスのバージョンによって出来る出来ないがある事でした。実はこれ、インスト泣かせな部分なんだよなー…。

    先週の金曜もこんな会話が。

    「明日、いる?」
    「土曜は私、休みなんです」
    「先生週休3日かいな」
    「…そう、ですね…」

    土日も殆ど働いてるから、気づかなかったよ。

    そしてその生徒さんの学習日誌を見たら、土曜は来なかったみたいでした。割と古くからのほぼ毎日来られている方なんですが。嬉しいような、複雑なような…。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    スポンサーサイト



    夢の世界で働くということは

    現実を思い知るということだ。

    こう言い切ってしまうと夢も希望もないのだが、真実だから仕方ない。まあ、楽な仕事なんてないというのが私の持論なので、仕事である以上はどんな事でも全力でやるべきだ。しかし決して忘れてはいけない。

    己はサイボーグではないのだ。

    食品冷蔵棚で冷やされまくって、風邪フラグ立ってからの、10時間ノン休憩立ち仕事、結果の12連勤で限界点突破。やむなくまさかの初出勤日に欠勤なんてことをやらかしてしまい、そりゃもうクビを覚悟したさ。しかしそれでもスケジュールを組み直して貰うことが出来、またも平謝りで研修開始。

    正直、劣悪環境で働き慣れている私には、生温いと感じたりする事も多い。「厳しいかも知れないけど〜」というセリフを良く聞くのだが、大抵どの辺のことなのかよくわからない。

    欠勤の理由書を提出しろと言われたのもそう。まあ、始末書だと思えばごく普通だ。

    真実をありのまま書き、不測の事態だったので今後は起こらないと明記すると、理由なんてどうでもいいから対策を具体的に書けと言われ、派遣会社からの仕事はもう受けないと記すと、仕事を受けなければ起こらないのか?と突っ込まれ、上長Aからの指摘を言われるまま修正して上長Bに見せる(ワザとじゃないよ)と、それは間違いだ、お前は常識のないアホか?と言う呆れ顔をされ…。

    非常によくある感じだ。

    しかし、メインの仕事より時給が安い現実を考えると、始発で出勤だの、終電で退勤だのがある分、バランス悪い気がしてなんだかなーって気もする。

    取り敢えず契約の3ケ月は頑張ってみるけどさ。続くかどうかは神のみぞ知る。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    人生で一番最悪な誕生日

    私は良く道に迷う。

    駅を降りて地図を手に、おもむろに目的地と逆方向に平気で歩いて行く人だ。営業時代もしょっちゅう道に迷い、平謝りは日常茶飯事だった。自覚があるので、もちろん対策はしている。迷う時間込みで考えるし、事前に確認するし、スマホのナビもある。

    今日の日雇いキャンペーンの現場は近場だった。朝もたっぷり余裕があったし、駅からの道もそう難しくないように見え、現場の最寄駅を降りた時の私は途中で買い物しちゃうぐらい余裕でゴキゲンな感じだった。

    しかし、迷った。何故なんて知らん。迷ったもんは迷ったのだ。

    派遣元の指示で直接現場に連絡しちゃいけない決まりになっている為、勿論、慌てて派遣元に連絡をした。しかしこの電話がなかなか繋がらない。緊急連絡先の携帯番号なのに繋がらない。入店時間が迫る、焦る。そうすると余計に迷う。やっと繋がった電話で状況を説明し、電話越しにナビして貰い、道行く人に訪ね、ようやっとたどり着いたのはほぼキャンペーン開始時間。

    もうこの時点で終わってるわけですが、店の前の派遣元との電話で更に追い討ちをかけられる。

    『先方は大変ご立腹。とにかく帰れと言われるのを回避してほしい。先方の要求は商品Cの売上実績で結果を出す事。ハッタリでいいので売ると宣言してくれ。実績あるって言いきって、自分はベテランではないが中堅だからと言ってくれ。』

    これだけでも死亡フラグです。何せ商品Cって元々売れる商材じゃないもの。

    契約では商品A・B・Cとあって、どれでも売れればいい事になっている。更に売れなくてもペナルティの類はない。商品Aならまあまあ売れる要素があって、この短い間でも実績を出した事はあった。しかし、商品C限定なんて、ムチャブリもいいとこだ。

    そして更に付け加えられる。

    『難しいのは承知の上。だから契約より1時間だけ残業して、閉店まで誠意を見せたと言う事にしてくれ。』

    勿論、遅刻している立場上、了承しないわけにいきません。

    店長に凄まじく罵倒された上で更に30分シカトされても食らいつき、「もうお昼休憩も頂きません。閉店まで力の限り頑張ります。実績でお返しします」と必死で頭を下げ、何とか開始させて頂いた。

    これが更なる悲劇を呼ぶ。

    正直、商品Cが売れないのはわかっているので、可能性がある商品Aだけでも頑張ろうという気持ちだった。これはダメでしたけど、こっちは売れました的なストーリーが私の中で出来上がっていた。有言実行でお昼も抜きで働いた。商品Aは何とか売れた。達成感でいっぱいだった。

    そして契約の7時を過ぎ、更に1時間…。

    あれ?何か変だよ?閉店時間のハズなのに、何故誰も閉店準備をしないの?お客さん減らないの?疑問に思って店内を見渡し、閉店時間が書いてある所を見つけた。…10時…だと…。

    オイオイオイオイオイ。今更閉店8時だと思ってたから帰らせてくれとか言えるワケないし。

    派遣元にまた慌てて電話を入れると、今度は担当平謝り。何とか10時まで居てくれと言われる。そりゃそうだろうさと腹をくくり、本当に閉店まで頑張った。

    そして閉店間際、店長がやって来る。思い出すのも鬱な罵倒交じりの説教30分。しかも内容が正論の理詰だから謝るしか術がない。しかも商品Aは売れましたとか口を挟める空気じゃない。要約すると『販売のプロとしての自覚と根性が足りない』…すいません、日雇いのにわかエセプロですから。元からありません、そんなもの。

    世の中に氾濫してる日雇いの仕組み知らないんですか?とか、ぶちまけたいほど罵倒されたが、派遣元に迷惑かけちゃイカンと必死に堪え、しかしこれで私の誕生日終わったと思うと涙が出て来た。

    仕事でガチ泣きしたの久しぶり。結果、事務所からは昼抜き分込みの残業分までギャラ出して貰える事になったのが唯一の救いかな。ま、いっか。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    天候に左右されるPC教室

    パソコン教室と聞いて、皆さんはどんなものを想像しますか?

    私は今まで、普通の学校と変わらず皆で一斉に同じ事を習うか、もしくはそうでないならカリキュラムに沿ったビデオ学習がメインで、補佐する先生がいるというスタイルしか想像出来ませんでした。実際、職業訓練で通った類似の学校は前者でしたし。

    ところが、私が今勤めている教室は全国に数百店舗あるフランチャイズなのですが、実はそのどちらでもなく、生徒さんたちは各々習いたい事をバラバラに日々学んでいらっしゃいます。

    教室には無数のコースがあり、マウスの操作の練習をされている方の隣で資格取得の模擬試験をされている方が居たり、お孫さんの写真を加工している方が居たり、HPを作っている方が居たりするわけです。時間割もありません。教室と席が空いていればいつ来ても構わないんです。

    その弊害として、雨の日は生徒さんが少ない、晴れで暑くても少ない…という、現象が起きます。何せ一斉授業ではないので、気まぐれに休んでも授業に遅れるという事がないからです。

    習う方からしてみれば、それって都合がいいですよね。授業内容もめちゃめちゃ融通が利きます。例えば急に町内会でこれこれこういうチラシを作る事になった。就活用の名刺が欲しい。経営してるお店の勤怠表作りたい。などなど、要望を最優先してその場で作るお手伝いをします。OSもXPから7まで。Officeも2003から2010まで各種対応しています。

    おかげさまで大盛況。次から次へと新しい生徒さんも来てます。

    しかし、教える側は…ですよ。いつどんな質問が飛んで来るかわかりません。マニュアルもほとんどありません。研修なんてものも存在しません。初日は正直、冷や汗かきました。

    ちなみに私の前任者は元大手PCスクールのインストラクターだったそうですが、そういう方こそきっと辛かったろうなー…なんて、簡単に想像出来ます。だって大手ならきっと翌日の授業の予習さえしておけば後はどうとでもなりそうですもん。まあ、大手は大手の苦労もあるとは思いますが…。

    そんなわけで、梅雨と夏のこの時期は、まだ生ぬるいんだろうと思ったりしてます。秋になって恐ろしい事になる前に、スキルアップしなきゃですよ。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    ドコモキャンペーンスタッフしてみた

    PCインストとUSJクルーはどうしたの?!って感じですが、両方月払いだから今月は収入がないんです。

    ビバ、日雇い!!週払いやっほう!!ですよ。今月はスケジュール空いたところにちまちまと、色んな仕事を突っ込んで行きます。まあ、週1日は休むけど。多分。

    で、今日は某ドコモショップさんに、タブレットをお勧めするキャンペーンスタッフとして行って参りました。

    携帯に限らずどんな店舗でも、店員だけ居ると思っちゃ大間違いなのだよ。だけど普通のお客様が店員だと思い込むのも仕方ないので、このテのスポットバイトはかなりの臨機応変さと瞬発力が必要です。後、何があっても動揺を表面に出さない度胸かな。

    大抵は、まず派遣会社に登録します。そしてその登録会の後、数時間で研修を受けます。

    ちなみに私はこのドコモ系が得意な会社と飲料系が得意な会社にそれぞれ登録してるんですが、商材は出来るだけご自身の得意分野のものにした方がよいですよ。何せ研修数時間なんで。

    しかし例え研修が数時間でも、あくまで現場では『私はキャリア(orメーカー)の者ですが何か?』って感じに指定の店舗に訪問し、ぶっつけでお客様の前に立つわけです。こう改めて書くと、凄い仕事だね…。

    そして今日は更にアクシデント。

    キャンペーン内容詳細は当日確認しろと確かに言われたさ。でも、これこれこういう感じでロープレしましょうとか言われ、これをこういう風に勧めて欲しいというのがあったのよ。ロープレ大嫌いなのにもの凄くものすごーく頑張ったのよ。ところが…。

    当日キャンペーン内容の資料受け取ったら、教えられた話法使えないじゃん!!どうすんのさ!!

    まあそれでも私ぐらいになると瞬時に頭を切り替え、だったらこう行くかとその場で策が浮かぶわけですが、私だから出来るんであって、素人にはムリだと思うの!!…お前は一体、何のプロなんだ…(セルフ突っ込み)。

    何か凄く店舗からのクレームを気にしてたけど、その辺も原因じゃないの?

    しかし、元々が趣味の分野の商材なので、結果、楽しかったです。

    途中、気難しい方が来て、混んでいる店内で暴れ周り、一人制服でなくスーツな私は何か専門家のエラそうな人に見えたのか標的にされましたが、心底丁寧に対応すると「さすがプロやな。ありがとうな」と言う意外な言葉まで頂けたり、他社の販促員も居てがっつく中、「もうあの人に説明して貰って決めたから」なんておっしゃっているのを聞けたのは純粋に嬉しかったです。

    こういうのがあるから接客は楽しいな~♪…まあ、凹む時もあるけどね。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    七夕にUSJ入社式

    七夕ですね♪みなさん何を願いましたか?
    私はツイートした通り「お金に困らない生活がしたい」です。

    全くせちがらい夢のな~い話…ですが、相反してこれからみなさまに正に夢のような一日をご案内する仕事に就く為、USJの入社式に参加して来ました。七夕に入社。ちょっともう忘れないですね。いい感じの特別感です。

    入社式…と言うか、実際は入社の事務手続きとオリエンテーションなのですが。

    これに参加する前に、身だしなみチェックで髪の染めムラを指摘された私は美容院に行かねばなりませんでした。基本的に美容院あんまり好きじゃない上に今スペシャル級貧乏なので、確かに色々誤魔化してはいたんですけど、スポットの茶髪NGの会社でもOKだったので、ちょっとビックリ。美容院行ったついでに色を暗めにしておきました。

    後、住民票記載事項証明書を市役所に取りに行く必要がありました。え~また小銭がかかる…と思いきや、これは私の住む市では無料発行して頂けました。市役所によって違うようです。

    で、当日。流れ作業で色々チェックされたり新たな書類を渡されたり、追記したりハンコ押したり…からの、オリエンテーション。

    内容は新卒向けに企業がやるような、割と一般的なものです。グループワークで同じグループになったメンバーの中に再雇用の人が居たので、ちょいちょい突っ込んだ色んな事を教えて頂けました。

    繰り返し行われる、テンション高くオーバーアクションでゲストに接する事が出来るスキルを身に付ける為の様々なゲーム。…私、ロープレも苦手なんですよね。あの中途半端な芝居感がたまらなく苦手。

    でも頑張りましたよ~。その結果、うっかりMVP取っちゃった。

    食事もグループで行きます。実はお弁当持参してたんだけど(持ってくるか食堂で買うなら500円程度と事前に言われた)、みんなで食べるから買いました。ボリュームあっておいしかったので、まあいいか。

    そして最後は、制服の試着です。ここに来ると一気に実感が沸いて来ます。私の部署はホテルのドアマンをイメージしたカッコいいエンジ色のもので、帽子までかぶって鏡を見ると、あの恥ずかしさが拭えないオーバーアクションの数々も平気で出来る気になるからあら不思議。結構、似合ってたんですよ、自画自賛ですよ。

    人間、見た目っていうのもやっぱり心理的に影響するんだね。

    21日からトレーニングと呼ばれる研修を4回受けます。朝、また思いっきり早いのが続くから、週末は早寝早起きになるのです。がんばりますよ~。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    USJクルー選考会

    ブログはじめましたー♪って事で、最初の話題はやっぱこれ、USJクルー選考会!!

    今までもスポットで冷凍食品のシール貼りだの、ビールキャンペーンだの、お中元箱詰めだのやって来たわけですが、いづれもあくまでスポットですし、仕事がない時も多いし、色々面倒な部分もあるしで、土日祝で比較的コンスタントに入れるところがあればなーと、思ってたわけです。

    コンビニでも、コールセンターでもいいんだけど、せっかくならもうちょっと面白いのないかな…と思っていたところのUSJクルーですよ。いってみるしかないでしょう!!

    最初はバイトルドットコムで見かけたんですが、USJのサイトから直接Web予約しました。何故なら、選考会の残席数が一目瞭然だったから。私が予約した時は、希望の枠が残席1でした。

    翌日に登録した電話番号に確認TELが入ります。しかし出られなくても変更の希望がなければOKでした。

    で、今日。スタッフ用ゲートがわからず、超ギリギリに到着。まず写真を撮られ、履歴書代わりのエントリーシートやら何やらを書きつつ、お仕事説明がある会だったので、各クルーの紹介を聞きます。

    これが超ハイテンション…。特にマーチャンダイズ。正直、若干引く。…若干ね、若干。

    そして事前にWebで適性検査が出来てなかった私は(何故かログイン出来なかった)マークシートのそれを受け、身だしなみチェックを受け、人事の一次面接を受けました。

    面接官「第一希望はアドミッションですか。適正検査ではマーチャンダイズと出てますが」
    私  「え…」
    面接官「まあ、これは参考なので、アドミッションで進めますね」

    希望変更打診は受け入れるつもりだったけど、一瞬、あのテンションの人たちの中に…?と、不安を隠せなかった。アドミッションは普通だったし。ちなみに第二希望はマーチャンダイズ・フォト、第三希望はアトラクションで出しました。

    事前に調べていた写真を見て声かけのテストもあり、一旦別室に移動します。そして二次面接になるわけですが、これも事前に調べていたのでちょっとドキドキ。ここでまた人事の人が出てきたらほぼアウトです。幸い私を呼んだのは、オペレーション部の方でした。ここで内心、ガッツポーズ。

    面接内容は普通です。しかしここで即決されないといけないので、かなり気合入れました。

    キャリアコンサル受けた時の事を思い出します。自分がそこで働いている姿をイメージする。それが具体的に相手に伝わるようにする。大まかに二つの職種があり、自分にどっちが向いていると思うか?と聞かれ…。

    私  「こっちだと思います。(根拠)でも、研修の日程考えると、私の場合はこっちになりますよね?」
    面接官「そうですね。ちょっと日程確認して来ます」

    この瞬間、また内心ガッツポーズ。もうほぼ決まったも同然です。案の定、具体的な日程を持って来て下さり、OKだとわかると、入社の必要書類を渡すので、また別室で待機するよう言われました。ちなみにその隣では…。

    男性 「全く知識ないんですけど」
    面接官「ゼロからでも大丈夫です」
    男性 「本当ですか?…何か、想像出来ないっていうか…」
    面接官「あー、なるほど。遊びに来た事ってあります?」
    男性 「ありますけど…」

    あ、この人落ちた。と、思った次の瞬間、登録期限までの待機を言い渡され、帰りのドアを案内されていました。恐らく同じクルーとして彼に会う事はないでしょう。

    そして人事の人から即日採用決定の知らせと各種書類を受け取り、選考会は終了です。

    入社日は7日。楽しみだ~。まあ、楽だとは思ってないです。でも不特定多数の方と接する現場って、色んなドラマがあるからね。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村