FC2ブログ

    カテゴリ:目指せ声優 の記事一覧

    YouTuberデビュー戦略的延期のお知らせ

    7月1日投稿開始は無理。

    また1行で終わる系ご報告ですが、もうちょっと語ります。

    まあ、私のTwitterを見てもおわかりの通り、一見誰も待ってはいないのですよ。どのツイートを見てもリツイートもいいねもごく少数の稀な状態です。別に無言で延期したって特別何の影響もなさそうなもんですが、実はそうではなかったりするのもSNSの難しいところ。

    己の意識の有無に関わらず、全世界に発信しているわけです。そして、馬鹿な事を高速で垂れ流し続けてもフォローを外さずもう何年もお付き合いして下さっている方々の中には、直接何も言わずとも、アクションを起こさずとも、暖かく見守っていてくれている方々も少なからず存在している事を私は知っています。

    そして、そんな方が例え1名でも居る限り、私は自分の言動に責任を持たなければいけません。

    そういった経緯で、今回の件も、ちゃんとご報告しないといけないと思いました。

    まず、現職が初日から最悪だった事がきっかけで、この声優及びYouTuberという次の道が開けた事は当ブログでもご紹介済みですが、最悪過ぎて自律神経がやられてしまったのです。正しくは、元々乱れているのが致命的な領域に達しました。

    体温調節がままならず、血流が悪く、肩こり首こりからの頭痛程度なら通常運転だったのですが、背中までも岩盤状態になり、ぎっくり腰手前まで行く始末。

    倦怠感、めまい、耳鳴り、持病の貧血も重なり、心にも影響が出るわけです。

    それはツイートや当ブログの投稿数にも表れています。

    生活の見直しや接骨院での治療の甲斐あってだいぶ改善しましたが、後数日でロスタイムを埋めるにはちょっと物理的に無理があるのです。まだ用意しきれません。

    そして、来月から声優養成所に入所するわけですが、大半を自分でやらなきゃいけないとはいえ、完全なフリーではないわけで、まだ話が出来ていない部分もあり、勝手に進める怖さもあります。

    見切り発車よりは、延期がいいと判断しました。

    しかし、そう長く延期をするつもりはありません。世間の夏休みが終わる前には開始したいです。

    私を見守ってくれている方々、今更かとは思いますが、もう少しお待ち下さいね。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    スポンサーサイト



    自主練の成果:腹式呼吸とリップロール編

    声優としても歌い手としても、まだまだ基礎真っ只中の私。

    毎日やり続けなきゃ意味がないので、毎日欠かさずやってます。

    すっごく地味な事ばっかりなんですけれども、それでも毎日やっていると、自分の変化に気付いたりするものですね。

    まず、腹式呼吸でお腹がへこみました。期間は一ヶ月程度。

    ちなみに息をしていただけで、腹筋なんかは一切やっていません。ズボンがずり落ちます。そして、体重は変わらないって言うか逆に微増しましたが、体脂肪率は減りました。つまり、お腹の脂肪が筋肉になったって事ですよね。

    これ、もしかして情報商材のネタになるんじゃない?!とか、思ってしまう。「息するだけお腹がへこむ方法はこちらをクリック」なんて、こんな感じですか?よくわかってませんけど。

    まあ、ここで言っちゃったらもう無理ですけれどもね。

    次に、リップロール。これも何だかんだ実は一ヶ月以上経つのです。

    ただ、体験レッスンの時はリップロールそのものがちゃんと出来ておらず、ずっと自主練して出来るようになったと思ってたら、追加で気管開けとか言われて、あわあわしたんですが。

    おかげ様で、気管を開く感覚を会得出来ました。すっごい過酷だった。何で意図的にこんな辛い状況を作り出さなきゃなんないんだと思ったよ?でも、出来たら世界が開けた。

    物凄く高音が楽に出るようになりました。透き通るような声になった気がする。

    高音を楽に出せると歌うの楽しいよね。一人カラオケで感動してしまった。

    しかし、私を担当して下さってる先生達は揃いも揃って厳しいので(プロ育成モードだから仕方ないんだけど)、次のレッスンではまたダメ出しが来る気はしていますよ…。

    他にも基礎はいっぱいあるので、ひとつひとつ確実に会得して行きたいと思います。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    ボイトレ本格始動

    私、YouTubeに歌ってみたも上げたいのです。歌いたいのです。

    というわけで、なんやかんやで体験レッスンから間が開いてしまいましたが、歌う為のボイストレーニングの方も本格始動です。

    ナレーションや芝居の発声方法と、歌う為の発声方法は違うので、声優の方の先生に「混ざらないようにね」と釘を刺されたりもしました。

    そして、ボイトレの先生にも今後の予定と希望を伝えたところ、「じゃあ、出来るだけ演技の方にも応用出来るような、アニソン用のレッスンにしましょう」なんてお言葉が。

    アニソン用…。そんなのあるんですね…。

    実はこのボイトレの先生、ご自身がアニソンを担当された経歴をお持ちだったのです。何というか、物凄く導かれてる感があるよね。お膳立てされているかのよう。

    そこから始まる、基礎地獄。

    私の場合、腹式呼吸は歌に必要な程度なら問題ないので、リップロールからのスタートです。

    しかも、気管を広げろと言われ…。

    気管なんて意識した事ありますか?そもそも自分の意志でどうにかなるものなんですか?と、思ったけれど、それを意識して行えるようになる事に意義があるのだと。

    それに加え、ハミングで口腔のどの位置で響かせるのか、また、それを移動させられるか、地声から裏声になる時に声帯がどう動くかを体感してコントロール出来るようになれと。

    ああ、これまた果てしないですよ。

    ちなみに、普通にJPOPなんかを歌い、ちょっとカラオケが上手くなりたい人なんかには、ここまでは必要ないのでご安心を。

    要するに、これらは色んな声を出す為のトレーニングなわけです。

    ああ、私もカラオケなら上手い方の人に分類してもらえるのになぁ…と、苦笑い。

    でも、声優のレッスンと共通しているのは確かです。自分の身体がどういう構造をしていて、どの部位がどう影響して声が出ているのかを把握する事、そしてそれをコントロールする事。

    考えてもみなかった事ばかりですが、奥深く、そして秘密が解き明かされるような楽しさもある。

    地味な割に大変だけど、引き続き頑張りまーす!!

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    声優レッスンの講師たちの温度差に関して

    昨日、声優レッスンのその後として、基礎中の基礎で四苦八苦するさまをお届けしたわけですが、「あれ?もう一人の先生、オーディション探して来いって言ってなかった?どうなってるんだってばよ」と、思う方もいるだろうなぁと思います。

    実際、私自身も戸惑いましたしね。

    というわけで、その辺を少し考察してみようかと思いました。

    まず、今現在の私の状態としては、基礎は出来てません。しかし、原稿を読めば、何となく出来てる風に聞こえなくもないようです。雰囲気で全部持っていく感じ。

    声優に限らず、世の中のエンターテインメントで仕事をされているプロの方々を見ても、必ずしも全員が全員きちんと基礎が出来ていて、上手いわけではないですよね。例え棒読みでも主役になれる事さえある。

    恐らく、二人目の先生はそこを注視されていたんだと思います。

    確かにそれも間違ってないんですよね。目的が『プロになる』事であれば。

    ただ、私の場合、プロ以前にクリエイター魂があるわけです。人々の心に何かしらの影響を与えたい。作品を世に残したい。

    その為には、プロとしての基礎すら出来てない私じゃダメなんです。私自身が許せない。

    だからこそ、オーディションではなく声優養成所を選んだという事もあります。

    そして、YouTubeなら言ってみれば、今すぐにでも何かしらアップするのは可能です。でもそれをしないのも、自分がまず納得出来る仕上がりにならない事がわかっているからです。

    完璧を目指すといつになっても始められないので、7月には間違いなく開始しますけどね。それまでに少なくても、現在の私を超えなくてはなりません。頑張りますよ!!

    そういうわけで、恐らく今後二人目の先生にレッスンをお願いする事はないと思います。

    他の習い事もそうだと思いますが、みなさんももし講師を選べる状況であれば、その先生の方針や考え方が自分に合っているかどうかもチェックすべきでしょう。

    色んな考え方がありますからね。

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村

    声優レッスンその後2

    7月から声優養成所に入る事が決まってしまったので、マンツーマンレッスンの方は6月で終了しようと思っていた私。

    それを最初の先生に告げたところ、「欠点の指摘はされても、具体的にどうすればいいのか教えてくれないとか普通にある。課題のアドバイスとかも出来るよ?ほかの子達のも見てるし」との事で、しばらく続ける事にしました。

    他の養成所の事もチラッと聞いたけど、やっぱりだいぶ違うんだな。

    まあ、どのみち今は基礎の基礎。7月までにどれぐらい出来るかわからないけど、気持ち的にはいつ学内オーディションが来ても挑めるぐらいでいたいのです。

    まず、腹式呼吸は正しく出来るようになったのか。

    一ヶ月前は自分の意志でお腹全体を動かす事が難しい状態でした。しかし、毎日やってただけあって、それはクリア。しかし、「息を吸えてない」との新たなご指摘。

    息吸えてなかったらしんじゃうじゃない!!って、思っちゃいますよね。吸ってないわけないんだけど、それをコントロール出来てないって事です。

    人間の身体は普段意識せず繰り返しやっている事を優先して行おうとするので、意識して修正をしなければならないのです。

    そして更に、その息のコントロールによって、発した言葉の表情が変わる、表現方法のバリエーションになる。だからこれは、徹底して行う必要があるのですね。

    たかが息、されど息。ああ、果てしないったらありゃしない。

    次に、活舌。またこれはこれで大問題。予想だにしない事を言われた。

    「顔の筋力が足りない」

    えええええええええええええええっ?!

    言われてみれば当然ですが、顔も口も舌も全部筋肉で動いています。表情筋とかはたまに聞くけど、そんな事みんな意識した事ないんじゃありませんか?

    そして、実験的に、言われた通り意図的にほんの少し顔の筋肉を動かして喋る。すると、ビックリするぐらい声が綺麗になるのです。正直、カルチャーショック。

    声優になるのに、まさかの筋トレが必要なのですよ!顔の!!

    声優養成所の音声教材で、「表現者に相応しい身体づくりをしましょう」って言ってたのは、具体的にはこういう事だったのかと思い知る。

    もうこれは、アスリートと同じく、毎日の積み重ねなのです。

    言いにくいサ行やラ行も、正しい口の形と舌の位置を把握してそれを正確に行えるような筋力を付けなければ、いくら間違った状態で早口言葉を何回やっても言えるようにはならないとの事。

    やりますよ。ええ、やりますとも!果てしないけどね!!

    【各種ブログランキング参加しています】
    ブログランキング・にほんブログ村